rev:ヴォネガットの創作講座

rev:ヴォネガットの創作講座

"ヴォネガットの創作講座"

http://blog.livedoor.jp/skd/

1.赤の他人に時間を使わせた上で、その時間はむだではなかったと思わせること。

2.男女いずれの読者も応援できるキャラクターを、すくなくともひとりは登場させること。

3.たとえコップ一杯の水でもいいから、どのキャラクターにもなにかをほしがらせること。

4.どのセンテンスにもふたつの役目のどちらかをさせること――登場人物を説明するか、アクションを前に進めるか。

5.なるべく結末近くから話をはじめること。

6.サディストになること。どれほど自作の主人公が善良な好人物であっても、その身の上におそろしい出来事をふりかからせる――自分がなにからできているかを読者にさとらせるために。

7.ただひとりの読者を喜ばせるように書くこと。つまり、窓をあけはなって世界を愛したりすれば、あなたの物語は肺炎に罹ってしまう。

8.なるべく早く、なるべく多くの情報を読者に与えること。サスペンスなどくそくらえ。なにが起きているか、なぜ、どこで起きているかについて、読者が完全な理解を持つ必要がある。たとえばゴキブリに最後のなんページかをかじられてしまっても、自分でその物語をしめくくれるように。




** 文字化けしている時は、[トップ]からキーワードを探してください。 **
キーワードまとめページ