Rhetoric

Rhetoric

[]詭弁のガイドライン

http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1117949258/l50

5 Name: 水先案名無い人 [sage] Date: 2005/06/05(日) 14:30:06 ID: AW29uwly0 Be:

◆要約

1:事実に対して仮定を持ち出す

2:ごくまれな反例をとりあげる

3:自分に有利な将来像を予想する

4:主観で決め付ける

5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる


6:一見関係ありそうで関係ない話を始める

7:陰謀であると力説する

8:知能障害を起こす

9:自分の見解を述べずに人格批判をする

10:ありえない解決策を図る


11:レッテル貼りをする

12:決着した話を経緯を無視して蒸し返す

13:勝利宣言をする

14:細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる

15:新しい概念が全て正しいのだとミスリードする


16:さも当然のように未決着事項を前提にする。

17:論点をすりかえる。

18:事実の一部のみを抜き出してミスリードする。*1

19:相手に譲歩したと見せかけながら、自分の意見を押しつける。

20:条件の包含関係を間違える


21:全てか無かで途中を認めないか、あえて無視する。

22:勝手に極論化して、結論の正当性に疑問を呈する。 *2

23:自分で話をずらしておいて、「話をずらすな」と相手を批難する。

24:ネタと決めつけて議論を停止させる。

25:嘲笑で優位に立った様に振舞う


26:反論の代わりに詭弁ということにしてすます


void論

http://72.14.253.104/search?q=cache:KtLNjPJlLukJ:chibifusa.s3.xrea.com/kakolog/kakolog068.html+%22void%E8%AB%96%E6%B3%95%22&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1&client=firefox

相手の論拠を対象者の主観のせい「ということにする」。

いわゆる「負けない」論法。

例:

精神分析学者の論法「議論を相手の『心理』の問題に還元することにより無効化する」

左翼の論法    「議論を相手の『階級意識』に還元することにより無効化する」


カウンタークエスチョン

質問に質問を返すこと。

http://72.14.253.104/search?q=cache:WyMz7wWBo58J:www.fsinet.or.jp/~yoyoue/worship/01_09_30/preach.htm

「一体あなたは、私達を差し置いて,誰の許しを得て、そう云うこと(マルコ11:15~19)、即ち、神殿内で人々に教えたり、商人や、両替人を神殿から追い出したりするのですか。」

「そもそも誰がそうする権威をあなたに与えたのか」

イエスのカウンタークエスチョンはこう云うものでした。「ヨハネの洗礼は天からのものだったか、それとも、人からのものだったか。答えなさい。そうすれば、わたしも何の権威でこのようなことをするのか、あなた達に言おう。」

 要するに、質問する権利、回答する責任、これらの所在をまず考えよう。


バンドワゴン・アピール

http://www5e.biglobe.ne.jp/~muraryo/page133.html

 サクラを使って賛成の雰囲気を意識的に作り、そのムードや勢いによって決定に持ち込む方法である。サクラは文

字通り「桜」と書き、お客のフリをして他のお客の気持ちをくすぐる人のことを言う。


ドミノ理論(domino theory)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%8E%E7%90%86%E8%AB%96

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A2%A8%E3%81%8C%E5%90%B9%E3%81%91%E3%81%B0%E6%A1%B6%E5%B1%8B%E3%81%8C%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B

その論証に用いられる例が突飛である故に、「あり得なくはない因果関係を無理矢理つなげて出来たトンデモ理論」も指すことが多い。




わら人形論法(strawman)

http://d.hatena.ne.jp/./D_Amon/20061019/p2

わら人形論法は相手の「裏の意図」や「背景」を一方的に決めつけ、その「裏の意図」や「背景」を攻撃する論法のことです。

「ユダヤ陰謀論を否定するのはユダヤの手先」とか「南京大虐殺を否定しないのは中国の手先」とか「平和主義者はスイスやスウェーデンに妙な幻想を抱いている」とか架空の敵を作り出してそれを攻撃する手法。

かくしてダマサレ気質な人は、南京事件否定論でいえば「南京の人口は当時20万人なのに30万人も殺せるわけがない。南京大虐殺を信じているのはそんなことも分からない痛い連中」とか基本的知識があれば騙されようもない宣伝を鵜呑みにし、仮想敵に対する先入観を植え付けられ、仮想敵を見下すことで憂さを晴らしたり知的優越感を満たしたりという行動をする自称中道な人*4になってしまうわけです。

 これは、詭弁#22の、メガ藁人形に近いかな。30万人の数字に踏み込まないけど、「○○人は無理だ。従って、何々は無かった」という論法。


属人論法

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50683222.html

属人論法というのは、以下のような論法のことである。

p.109

批判する相手が学者や官僚であれば「実社会の経験もないくせに...」、大企業の役員であれば「エリートの論理だ...」、若手のIT長者に対しては「成金の考えることは...」などと発言者の経歴に合わせて、いくらでも批判の言葉を考えることができます。




統計のウソ

私の「統計のウソを見破るカギ」

http://tsukihito.dip.jp/kpb/archives/2006/10/post_214.html

1. 母集団に注目する。

2. 設問に注目する。

3. 選択肢に注目する。

4. 統計の目的を考える。

5. 統計解析は客観的ではない。

6. 相関関係は因果関係ではない。

*1:プチ藁人形

*2:メガ藁人形




** 文字化けしている時は、[トップ]からキーワードを探してください。 **
キーワードまとめページ