LightNovelCaseFiles

LightNovelCaseFiles

2014年の絵師交代まとめ

ttp://blog.livedoor.jp/wannabenews/archives/39687110.html



2012年の詳細は、

2012年 裏ラノベ史

http://novesoku.blog52.fc2.com/blog-entry-2057.html

など参照。


2014年11月 真慈真雄

「バーカ!滅びろ一迅社!」「作家を何だと思ってやがる」「生活できねーよ」。プロット通って執筆開始後のキャンセルでトラブル

http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/41059572.html




2013 水鏡希人と編集部が衝突?

http://subcultureblog.blog.fc2.com/blog-entry-10594.html






IS、絶版?

2012/1/29日頃、「MFのラノベの注文書にISだけバッテン書いてあった。」などの書き込みが。MFJのCMで、ISがハブられる例も。それが各種ニュースサイトで話題になり、性格が悪いので作者と絶縁、絶版になったのではないか、という噂になる。

真実は見えるか?

http://otasoku.livedoor.biz/archives/50691472.html

http://d.hatena.ne.jp/./okamurauchino/20120229/1330507989

版権回収という噂。

→2013年4月、オーバーラップ文庫発足。絵師交代で継続。



フェザー文庫、作家とのトラブルが示唆されている

●2011年11月28日 健康上の理由により川上宏はフェザー文庫のプロデューサーを辞任しました。今後は林檎プロモーションがフェザー文庫の運営をしていきます。

●2011年11月28日 「攻撃魔術の使えない魔術師」について絹野帽子氏から、web上で2巻以降の出版を中止したいとの告知がありましたが、当社としては絹野氏の活動を休止と捉え、引き続き作品の発表を継続していただけるよう調整に努める所存です。

http://www.ringo.ne.jp/feather/

http://ncode.syosetu.com/n9966q/145/


『人類は衰退しました』イラストレーター変更

https://twitter.com/Matsu23/status/125517182774943744

ガ報より

<『人類は衰退しました』イラストレーター変更について>

イラストレーター山崎 透氏の意向により今まで山崎氏が描いたイラストについて、今後新たに使用はしないこととなりました。作品のファンの方々にはご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

ダンタリアンの書架 9巻 発売中止

http://gact.info/archives/325.html

もともと昨年末の段階で、『ダンタリアンの書架』は8巻で終了させてもらうということで、編集部と合意しておりました*1

 その後、編集部から(今年の春になって)さらにシリーズを延長するように急きょ求められたのですが、対応できないということをお伝えして、受け入れてもらった、という状況です。

9/7 9巻発売中止が発表される。




迷い猫オーバーラン、絵師交代

2011/08

ラノベ『迷い猫オーバーラン!』が絵師変更&漫画打ち切りで再始動、理由は“大人の事情

http://blog.esuteru.com/archives/4300005.html

ぺこ降板、漫画打ち切り、次巻から毎回絵師交代


『埋まったままDE宇宙戦争!』 続刊中止、版権回収

2011/06

何度かお問い合わせがありましたので、こちらに明記しておきます。

『埋まったままDE宇宙戦争!』の続刊はありません。

その理由は、制作進行上における編集部側の大きなミスにより、1巻刊行の前の段階で2巻が

刊行できない事が確定していたからです。決定したのは発売がひと月延期になったりしていた

あの時期です。ミスの詳細については、契約上の守秘義務にかかる事なので、私の方からは

申し上げられません。

http://otanews.livedoor.biz/archives/51796673.html


『ユヴェール学園諜報科』盗作問題

2010/07

アネットと秘密の指輪、の文章に酷似

角川ビーンズ文庫『ユヴェール学園諜報科』が盗作問題で出荷停止、絶版、回収になったようです

http://yunakiti.blog79.fc2.com/blog-entry-5691.html


『俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長』

2010/05

ファミ通文庫『バカとテストと召喚獣』と電撃文庫『俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長』の文が類似してるとネットで話題に

http://yunakiti.blog79.fc2.com/blog-entry-5322.html

IS無断中文版契約

2010/03

『IS 〈インフィニット・ストラトス〉』担当者が原作者に無断で契約→中文版発売差し押さえ

http://d.hatena.ne.jp/./nunnnunn/20100303/1267578928

「ザ・サード」絵師 交替…? 2009

 815 イラストに騙された名無しさん [sage] 2009/10/23(金) 21:56:27 id:LmhktA7J

「ザ・サード」今回の経緯

待望の新刊発売決定

公式に掲載された情報より絵師変更が判明

前絵師のHP掲示板にて、ファンの書き込みにより前絵師もこのことを知る

・編集部からの連絡は一切無かった模様

・担当との関係は以前より最悪で、TVアニメ関連の仕事以降はまともな連絡は取っておらず

新絵師がHPで引き継いだことを発表

・しかし前絵師が連絡もなしに突然下ろされたことを知り困惑。編集部に不信感 

http://d.hatena.ne.jp/./nunnnunn/20091024/1256370500



気象精霊記問題

2006

573 イラストに騙された名無しさん [sage] 2011/09/08(木) 12:11:13.06 id:Cc5hXj0n Be:

それを怠って、

・絵師のスケジュールを確保しなかったのを作家のせいにし、

・作家に次シリーズの挿絵、絵師が書いてくれないのを絵師のせいにし、

すったもんだした挙げ句シリーズ潰れるわ作家逃げ出すわの騒ぎになったのが

富士見ファンタジア




『されど罪人は竜と踊る』無断掲載など

2005/6

角川書店発行のライトノベル雑誌『ザ・スニーカー』に、小説家・浅井ラボ氏の『されど罪人は竜と踊る』の原稿や写真を無断掲載したとして『ザ・スニーカー』編集部は4月30日、公式ホームページで謝罪文を掲載した。

また、編集担当者の度重なる過失、契約終了後の著作物の無許諾利用、原稿返還遅延等により、「浅井氏の弊社に対する信頼を毀損し、『されど罪人は竜と踊る』シリーズの中断および小学館での再販売に至りました」とした。

http://itainews.com/archives11/cat-22/archives/46045

↑のURLは切れていた

http://www.oricon.co.jp/news/ranking/65762/full/



EGFマダー?

2001年前後に出版される筈が、2012年でも未刊。原稿は完成しているという話もある。

原作のサイドストーリーやダイジェスト的なノベライズでなく、発展的に創造された作品は、権利関係が大変っぽい。

!


蓬莱学園の革命 続刊が出ない件

1996

ASIN:4829125810

もともと、遊演体のPBMが先行しており、小説を執筆した新城氏の一存では出版できないということらしい。氏の退職や、それに纏わるトラブルがWebでは言及されている。











メディアワークス問題(お家騒動)

1992

1992年、当時の社長・角川春樹の下で副社長を務めていた春樹の実弟・角川歴彦が春樹との路線対立から突如辞任し、株式会社メディアワークスを設立。これに伴い歴彦が社長を務めていた角川メディアオフィスの従業員も大挙して退社、メディアワークスに移籍するという分裂状態が発生した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%9B%B8%E5%BA%97

その後春樹がコカイン密輸容疑で逮捕され、春樹が社長を解任されると歴彦がメディアワークスの社長を兼務する形で角川書店に復帰し、最終的にはメディアワークスを角川書店の事実上子会社化することで決着を見た

また、2007年9月にはメディアワークスとアスキーとの間で合併協議を開始したと発表、2008年4月1日付でアスキー・メディアワークスが発足しており、今後角川書店やエンターブレインを含めた角川グループ内の再編も注視されている。

 ので、電撃文庫の初期作品は、スニーカー文庫からの移籍?組が少なくない。なんていうか、コンプティーク組が存在感を示していたことが、当時のライトノベルの出自を物語るというかなんというか。


秋津透の「魔獣戦士ルナヴァルガー」絵師交替

イラスト担当のあろひろしが本業の漫画執筆で多忙になったため、とか。

執筆者が絵の権利を有していたため、円満に?絵師交替で済んだとか。

http://togetter.com/li/291178


 

*1:(本来は「Episode Final」を収録した7巻で終わりたかったのですが、掲載誌である『ザ・スニーカー』の休刊が決まったので少しだけ延長)




** 文字化けしている時は、[トップ]からキーワードを探してください。 **
キーワードまとめページ