涼宮ハルヒのSS:朝倉リョウコの冒険

涼宮ハルヒのSS:朝倉リョウコの冒険

誘惑番外編 朝倉リョウコの冒険 Episode00

涼宮ハルヒの憂鬱】朝倉涼子を愛するスレ

http://anime.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1144768978/l50

702 名前:誘惑番外編 朝倉リョウコの冒険 Episode00 投稿日:2006/06/10(土) 21:03:46 u7RjuAOB

 まだ肌寒い2月後半のある日。

 朝倉リョウコは、まるでソリに乗り忘れたサンタのような笑みを浮かべ、アーケードを歩いていた。

 相変わらずの展開だが、一応説明しておこう。

 朝倉リョウコは、宇宙人である。表向きはとある高校、とあるクラスの委員長。果たしてその実態は、魔法使いで生粋の宇宙人。

 さすが宇宙人と言うべきか、彼女はもう2月だと言うのにサンタのコスチュームを身にまとい、しかして柔らかな微笑を浮かべるのを忘れない。

 しかも、どこぞの未来人とは違ってアルバイトをしている訳では無いのである。宇宙人は思いのままに金銭を作り出す事ができるからだ。となると彼女は普段着からしてサンタと言う事になる。まあ、そういうものだと思っていただきたい。


 さて、宇宙人である彼女は、ある目的を持って地球に居る。

 それはこの俺――もとい、一介の高校生、かつリョウコの同級生、通称きょんを守る事である。

 ちなみに、話のプロットが同じだ、と考えるのは早急だ。きょんは特に能力を持ってはいないのだ。

 では朝倉リョウコは何故きょんを守るのか? それは伏線である。間違っても考えるのが面倒になったなどという事は無い。ともかく彼女は彼を守る為、今日もストーカーまがいの行動を取るのであった。


 その日。きょんが妹に首輪を付け散歩していると、その前を黒い影が遮った。

 唐突に現れたのは、こちらも宇宙人の長門ユキ。全宇宙を震撼させる極悪魔法使いである。全米が泣くどころではない。しかもその背中には抱き付くようにして、いたいけな少女が半分乗っかっていた。

 流行りの擬人化だそうだ。実態は猫。もはや訳が解らない。

「誰だ?」

 ……我ながら棒読み。古泉はよくこれを演れたと今更ながら感心する。

「悪いがあなたには死んでもらう」

 この唐突さ、どこかで見たような展開だな。

 ユキは背中の妹――いや少女をものともせず、スターリングインフェルノレボリューションを掲げ、まんじりとした挙動でそれをクルリと回した。

「危ないっ!」

「うおっ!?」

 おもむろに突き飛ばされ、それをまったく予測していなかった俺は、盛大にすっ転んだ。

「大丈夫? きょん君」

 まるで転ぶのを予測していたようにリョウコが優しく声を掛ける。と言うかこんなの台本に無かったぞ。

 ……そう。今回はなんと台本がある。しかし、朝倉の背後で何かを納得したように頷いている超監督の挙動を見るに、有って無いようなモノだと思うべきだろう。

「あなたはユキさんじゃない。どうしてこんな事を?」

「その人間は今はまだ普通の人間だが、やがて世界の命運を握る存在となる。だから今のうちに倒すのだ」

「やめてユキさん。あなたは私の部下だったじゃないの」

「問答無用」

 スターリングインフェルノレボリューションの先から光線が発射される。

「あぶなーい!」

 きょんを庇うように射線へ身を投げ出すリョウコ。

「きゃぁー!」

 しかし、朝倉は普通に演技をしているな。偉いもんだ。

 それはともかく、リョウコはユキの必殺光線を浴びて、何事も無かったかのように2人の間に立ち塞がった。もうちょっと痛がるフリとかした方が良いのではないか。

「待って下さい」

 なんと、ここに来て新キャラ登場である。彼女は喜緑エミリ。またかという感じではあるが、やはり宇宙人である。登場人物が宇宙人で魔法使いばかりなのだが、どうも未来人より設定上使い易いらしい。

「あなたたちは何をしているのです? 同じ宇宙人で」

「エミリさん」

 リョウコが微笑を湛えてエミリを見ている。

「多勢に無勢。今日のところは引いておく。しかし覚えておくのだ、私はいつかまた帰ってくるであろう」

 ユキはそう言い残して、少女を引き摺りながら、すぐそこの路地へと去っていった。


 取り残された3人は、無言のまま道路の真ん中でユキの去った路地を見つめている。

 しばらくの間、穏やかな風の音だけが流れていた。

「…………ああ、えーと、あなたはリョウコさん。その人はお友達ですか?」

 と言うかここは俺のセリフだ。超監督の視線が後頭部に当たってるのを冗談抜きで感じる。あのな、台本渡されたの5分前だぞ、無理言うな。

「いえ気にしないで。あとこの人は知らない人です。じゃあね」

 笑顔でペコリと頭を下げて、リョウコはさくさくと立ち去った。そこの路地に。

「それでは」

 エミリもそれだけ言うと、やはり路地に去っていった。なんなんだその路地は。宇宙人の秘密基地でもあるのか?

 そして、ひとり残された俺、ではなくきょんは、暗い路地に語りかけるように呟くのだった。

「なんということだ」

 まったくだ。



703 名前:誘惑番外編 朝倉リョウコの冒険 Episode00 メイキング 投稿日:2006/06/10(土) 21:04:40 u7RjuAOB

「はいカット!!」

 ハルヒがそう叫ぶと同時に、俺は大きく肩を落とした。なるほど、キャストが発表された時の古泉の喜びようも理解できる。カメラに撮られる側はまた一段と疲労が激しい。

「なかなかいいじゃないの。さすがに一度やった事があると違うわね」

 今日出演した中で、前回も出ていたのは長門だけだろうが。

「お疲れ様です。はい、お茶」

 カメラマンをしていた朝比奈さんの手には、ポットで持ってきてくれたという暖かいお茶。

「ありがとうございます」

「いえいえ」

 喉に通すと、冷えていた体がじわりと温まる。いやはや、生き返ったようだね。

 朝比奈さんは戻ってきた長門と朝倉、喜緑さんにも紙コップでお茶を渡して回っている。早速シャミセンとじゃれている少女こと俺の妹の為にお茶をふーふーと冷ましている様子は、問答無用に癒されるな。

「どうですか、主演は」

 ああ、こういう時にそのニヤケ顔、心身共に一段と疲労するぞ。せっかく癒されていたところなのに。

「手厳しいですね」

 古泉は肩を竦め、俺の癒し値が5ポイント下がった。

 あのな、手厳しくもなるってもんだ。なんなんだあの台本は。脚本はお前が考えたんだろう。前回ハルヒが考えたのとまるで変わってないぞ。

「それがですね、脚本は先日提出したのですが、今日になったら9割5分ほど変わっていたのですよ」

 ……なるほど。確かにこいつが考えそうな当たり障りもない脚本に、あの超監督が納得する筈もない、か。

「ところで残りの5%はなんだ」

「妹さんが猫の役のところです」

「…………」


 戻ってきた長門、朝倉、喜緑さんの宇宙人3人組は、無表情、笑顔、微笑、と各自それらしい表情を浮かべ、ハルヒの賛辞を浴びていた。

 確かに、朝倉だけはまともな演技に近かった。長門はあの調子だし、喜緑さんはそもそも出番が一瞬だ。

 それにしても……こうして見ると、普通の人間の少なさに唖然とするな。今更だが。

「はいはい、みんな聞いて」

 ハルヒのやつが手を叩いて、視線を集める。

「久しぶりの撮影だったけど、まあまあ良かったわ。だけどね、これくらいで納得しちゃダメよ。いずれは香港とハリウッドと太秦を制圧して、SOS団の名を世界に轟かせるんだからね!」

「それは楽しみですね」

 煽るな古泉。お前今日は何もしてないだろうが。

「今日は特に涼子が良かったわ。一応忠告しておくけど、街でスカウトされても着いてっちゃダメだからね。あんたウチの専属女優なんだから」

「それは無いと思うけど」

 朝倉も苦笑するのがやっとである。と言うか、こんな道端でサンタの格好したまま余裕でいるのはどうかと思うぞ。もう少し恥じらっとけ。

「そういうもの?」

「そういうものだ」

「そういうものね」

 何に納得したのか、朝倉はオウム返し返しに言葉を並べ、僅かに俯くとサンタの短いスカートを手で押さえた。確かに似合ってはいるが、この時期に街中でサンタの格好をしている奴をスカウトする物好きはそうそう居ないだろう。そんなのはハルヒくらいのものだ。

「ま、何もかもあたしに任せておけばいいのよ。悪いようにはしないわ。とりあえず今日のところはここまでだけど、みんなちゃんと練習とかするのよ」

 ……なあ、さっきから気になってるんだが。

「なによ」

 撮影はこれで終わりなのか? まだ導入しか撮ってないが。

「そうよ。今日は、ここまで」

 ハルヒは、一体何が偉いのか、胸を張って言い切った。

「今日の分は第一話。来週は第二話の撮影があるから、役者は練習、古泉くんは脚本、みくるちゃんは衣装の用意、お願いね!」

「続くのかよ!」





「……なあ、キョン、朝倉さん」

 谷口じゃないか。それに国木田も。どうしたんだ。

「俺らの出番はいつなんだ? もう随分待ってるぞ」

「あら、谷口君と国木田君、台本に名前無かったわよ?」

「は? だってエキストラが欲しいって……」

「そうなの? 涼宮さんに言ってきた方がいい?」

「い、いや! 遠慮しまっす!」

 谷口が全力で否定するのを見て、俺は朝倉と目を合わせた。苦笑して肩を竦める朝倉は、サンタの格好の割にどこか楽しそうに見えなくもない。

 やれやれ。相変わらず何を考えてるのか良く解らんやつだ。




** 文字化けしている時は、[トップ]からキーワードを探してください。 **
キーワードまとめページ