涼宮ハルヒのSSその2

涼宮ハルヒのSSその2

Changing Happy

http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1147942550/280-284


280 名前:Changing Happy 本日のレス 投稿日:2006/05/21(日) 02:44:02 21U68WWp

機関誌を作る、などというハルヒのくだらない思いつきに振り回された青

春にさよならを告げ、俺の日常はまた落ちつきを取り戻していた。平和って

素晴らしいなあなどと頬を緩めつつも、知らず知らずのうちに俺の足は部

室に向かっている。気が付いた時には俺は見慣れた扉をノックしドアノブ

を回していた。

「こんにちはキョン君。すぐにお茶入れますね」

そう言って俺を迎えたのはどこぞの二足歩行するアライグマよりも1000倍

愛らしい童顔の上級生だった。いつもキレイに洗濯されたメイド服が実にま

ぶしい。あなたの入れるお茶なら例え雑草が混じっていても俺は喜んで飲

み干しますよ。

「ふふっ、そう言ってもらえると嬉しいです」

タングステンでもとろけてしまいそうな魅惑の笑顔を浮かべる朝比奈さん。

思わず俺もにっこり。そこ、気色悪いとか言うな。

「今日はあったかいんで、冷茶にしてみました」

トレイを持ってこちらに駆け寄ってくる朝比奈さんは可憐としか表現の仕様

がない。生まれてきてよかった。ありがとう神様。もっとも、神様がハルヒだと

いうのなら今言った感謝は取り消すが。

「きゃっ」

 その時だ。俺の目の前まで近づいていた朝比奈さんがバランスを崩し、

そのまま俺に倒れこんできたのだ。俺の顔面には勢いよくお茶がぶちまけ

られ、更に推定40キロの重量が俺の体にのしかかった。まったく予想して

いなかった俺はそのまま後方に倒れてしまう。

「いてて……」

「ご、ごめんなさいキョン君! 今すぐふき取りますね!」


281 名前:Changing Happy 本日のレス 投稿日:2006/05/21(日) 02:44:47 21U68WWp

朝比奈さんは俺の腰の上で馬乗りになったまま慌てふためく。そのためマ

シュマロよりも柔らかい極上のお尻が俺の下半身を刺激することになった。

まずいです朝比奈さん、反応してしまいます。

「あの……朝比奈さん……」

「はい?」

俺は上半身を起こして朝比奈さんと向き合った。きらきらと輝く夜空の星の

ような瞳が数センチの距離にまで迫る。

「その……俺も男ですから……」

「え……?」

「こんな状況じゃ、マジで我慢できません」

俺は真剣だ。真剣にこのままでは理性がヤバイ。部室だというのに、いつ

他のメンバーがやってくるかもわからないのに、押し倒してしまうかもしれ

ん。それもこれも朝比奈さんが可愛すぎるから悪い。美しいことが罪になる

ならば全人類が陪審員になったとしても満場一致で極刑求刑されるに違

いない。

「えと……キョン君、その……」

子犬のように瞳をうるませて顔をそむける朝比奈さん。それ、火にガソリン

を注ぐだけですから。もう無理です。俺、行きます。

「長門さんが見てます……」

「へ?」

今まで全然注意していなかった教室の隅に恐る恐る目線を移す。そこにい

たのは――液体ヘリウムより冷たい目でこちらをじっと観察する宇宙人

だった。


282 名前:Changing Happy 本日のレス 投稿日:2006/05/21(日) 02:45:44 21U68WWp

その日の俺がとんでもなく気まずかったのは言うまでもないだろう。たっ

ぷり長門の視線の拷問を受け続け、心身ともに衰弱しきりハルヒや古泉に

まで訝しがられる始末だ。いやもちろん長門は俺の彼女とかではないから

非難されるいわれはないのだが――そういう問題ではない。どうも俺は長

門を不用意に怒らせることが多いような気がする。宇宙人と未来人との間

にいまだに雪解けが訪れていないというのも原因のひとつではあると思う

が。

 とぼとぼと家路につく途中、それにしても、と思う。最近長門の感情をず

いぶん読めるようになってきた俺に言わせると、今日の長門の不機嫌っぷ

りはちょっとありえないほどだった。いやそりゃ部室でTPOもわきまえずイ

チャイチャされたら誰だって腹が立つとは思うが、なんというかそんなレベ

ルじゃないっつーか……。

 ――嫉妬、だったりして。

 俺は即座に自分の頭を殴った。なんておめでたい思考回路だ。長門が

嫉妬? 恋をしているとでも言うのかこの俺に。冗談も休み休み言いやが

れ、あいにくこの世界はそんなに都合良くはできていないんだ。

「世界、か――」

 長門、そして世界とキーワードが揃えば思い出すのはあれだ。去年の年

末。忘れもしない、長門の意志によって改変され、俺の選択によって消滅

したあの世界。なんだかもう遥か遠い昔のように感じられる。もし俺があの

世界を消すことを選択していなかったら、俺は文芸部員として長門と二人

で活動していたのだろうか? それが長門の望んだ未来だったのだろう

か? ……いや、それもどう考えたって思い上がりだろう。どうも最近の俺

は自分をモテモテのイケメンとでも勘違いしているらしい。せめて古泉程度

の顔があるならともかく、この俺がそんなに女性から好かれるわけがない。

せいぜい妹やハルヒからたかられるぐらいだ。



284 名前:Changing Happy 本日のレス 投稿日:2006/05/21(日) 02:47:06 21U68WWp

そんなことを考えているうちに愛しの我が家が見えてきた。なんか今日は

いつもよりも腹が減っているな。飯ができていなかったら適当に冷蔵庫をあ

さってやろう。

 玄関のドアを開ける。

 見慣れた光景。

 いつもの我が家。

 そうここは俺の家だおれのいえだオレノイエダ俺h。dsjふぁkんだふぃfはs

んjvkフォ慰安sdvjkさhd塩ftgんれ七夕あtr34え5jと8t9亜qjんfgvんdzzc

sdkghvばいぁいれうぃおん図書館ざgんlgjsぢおgdsgんdsgzvじゃl;jgなrn

gzsklカレーjg;青いgjェアrpくぁ;んじゃ:田終えjをt4r39058ウィkt璃t9う

wfjwkqlf家sdjsgjdskんvgdsklvんじおvbなkコンピ研ぇwrqjt;オイjgmjd疎w

bfbkんfdbfdklsgjbdフォb雪山んfぢjgbdflmg;jgtれそgjdzsgdskvmdfhj蹴り尾

t路絵kれj後dfgmjjgんsgれmgフォszふぁえwtjggtれgj疎ftmヴぇをいて買い

尾v絵w千恵wttカマドウマじゃ追いtくぅげをいpqじゃvgラブレターghrytsん

d氏vbgsつjぎ短r通w:jt5文芸部498gjsjfぐぃjfさlkrjwwふぇ3fdkgじゃぎyt

jkshf入部届フォえjfdsふぃお;れsいtjgtりれうちttattttaただいま。

「おかえりなさい」

 ぱたぱたと駆け寄って俺を迎えた天使のような笑顔。疲れもストレスも何

もかもこの笑顔の前では無力だ。

 宇宙でいちばん愛しい人――有希。

「今日も綺麗だな」

有希は林檎みたいに頬を染めてうつむいた。もう……などと消え入りそうな

声でつぶやく。ちくしょう、なんでこんなに可愛いんだ。

「ご飯、できてるから」

それだけ言ってリビングに戻ろうとする有希の腕をつかむ。少し乱暴にす

れば折れてしまいそうな細い腕。そんな有希の体を俺は力いっぱい抱きし

めた。

「愛してるよ、有希」

「私も愛してるわ、あなた」

 有希のぬくもり。

 有希の声。

 長門有希がここにいる。

 今この宇宙で俺より幸せな奴なんてどこにもいないだろうね。

 

                       おしまい 


長門有希さんの失敗』

http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1147942550/318-322

318 名前:名無しさん@ピンキー 本日のレス 投稿日:2006/05/21(日) 13:11:10 sY6buZUR

長門有希さんの失敗』 注:長門さんのイメージを壊したくない人は読まないほうがよいです

なんらかの事情によって時間が巻き戻された。

涼宮ハルヒによるものだと思われるが理由は不明。

対処法として、巻き戻される前の異時間同位体から情報をコピーする。

「異時間同位体の当該メモリへアクセス許可申請。時間連結平面帯の可逆性越境情報をダウンロード」

いい加減飽きた。

15497回もループを繰り返せば、誰だって飽きるっつーの、っていうこの言葉も何回目だか。

色々考えたことをこそこそやってるけど、相手の反応も大体予測通りにしかならないし。

1012回目ぐらいのいたずらを繰り返して反応を観察してた新鮮なころが懐かしいわ。

そのころはまだこんな思考パターンじゃなかったなあ。

ああ、3歳のピチピチだったわたしも今や597歳。お肌の曲がり角だわ、なんてね。

ま、気を取り直して今回もがんばっていきましょー。

はいはい、電話ね、電話。あと21秒後にかかってくるのはまるっとお見通し!

おっとと、涼宮ハルにゃんの前では、普通を装ってないと。

「……」

『あ、有希? あたし。今日さ、プールに行こうと思うのよね。だから二時にいつもの場所へ集合!』

「わかった」

『水着忘れずに持ってきてね。それじゃ、よろしくー』

……なにが、『よろしくー』よ。あんたのせいでこちとら何回も何回もループしてるってのに。

あーストレス溜まるわ。もっとも、我慢できなくなったら3003回目みたいに

1回目のメモリを上書きすれば済む話なんだけど。今はそんなことしたくないわね。

だってこの思考パターンのほうが断然面白いんですもの。さてさて、水着買ってこなきゃ。

ハルにゃんが選んでくれたのは地味すぎ。

きゃーきゃー。いとしのキョンくんが来たわ。これだけは何回見てもカッコよすぎてくらくらしそう。

あ、こっち見てくれた。ハルにゃんが見てないのを確認してからにこっ。

「っ!?」

なによ、その宇宙人を見たような目は。あ、わたし宇宙人か、あははっ。


319 名前:名無しさん@ピンキー 本日のレス 投稿日:2006/05/21(日) 13:12:02 sY6buZUR

みんな集まったから早速市民プールへ行くことに。

いっちーがみくるんを、キョンくんがわたしとハルにゃんを乗せて自転車をこぎこぎ。

キョンくんかわいそー。わたしの自重はゼロにしてあげるね。

「……長門?」

「なに」

「いや、手は回さなくてもいいんじゃないか」

「危ないから」

「……そうか」

んなわけないでしょでしょ。せっかくキョンくんの後ろに乗っけてもらってるんだから

キョンくんの感触をたっぷり味わうですことよ。ぎゅって握って、背中にわたしの薄い(トホホ)胸を

ぴたっとあてる。ハルにゃんから圧迫感みたいなのを感じるけど、気にしなーい。

これは不注意による事故発生確率減少のためにやってることなんだからねっ。

「ゆ、有希?」

「なに」

「そんな水着持ってたっけ?」

「買った」

「そ、そう」

ふっふっふっ。ハルにゃんの前で直接あれこれするわけにはいかないから、間接的に勝負よ。

かなりきわどいビキニ。みくるんぐらい胸があったら効果倍増なんだけどなー。

みくるんのはというと、ふわふわがついたかわいい系。何回見ても勝てない……完敗だわ。

わざとポロリをしたり、みくるんに対抗して作ってきたレトルトカレー+千切りキャベツを

食べてもらったりしてたっぷりとキョンくんを悩殺したプールはあっという間に終わり

喫茶店で今度の予定を立てて今日は解散、と思ったらキョンくんが別れ際に話しかけてきた。

「長門、いや……何でもないんだけどな。最近どうだ? 元気でやってるか?」

いまバラしちゃちょっと面白くない。なので当たり障りのない返事をしておく。

「元気」

「そりゃよかった」

「そう」

首をかしげてからキョンくんは去っていった。ごめんね、キョンくん。


320 名前:名無しさん@ピンキー 本日のレス 投稿日:2006/05/21(日) 13:12:45 sY6buZUR

試着室から全裸で身を乗り出したり、たこ焼きのソースをほっぺたにつけたり

キョンくんが振り下ろしたセミ取り網に自分の頭をすっぽり入れてみたり

着ぐるみから出てきたらなぜか下着姿だったりと、色々やったけど、これ全部お約束なのよね。

はぁ、楽しいようなむなしいような。

でも今回はいっぺんやってみたかったことをやるから、反応が楽しみ。

「ふええ、キョンくん、あたし未来へ帰れなくなりましたぁ……」

みくるんが庇護欲をくすぐる泣き声で言う。この天然系小悪魔め。

いっちーが自説を開陳してキョンくんが驚く。そろそろわたしの出番かな。

「それで、何回くらい僕たちは同じ二週間をリプレイしているのですか?」

いっちーが聞いてきた。もったいぶって数秒間を空けてから答える。

「今回が、一万五千四百九十八回目に該当する」

ぽかーんとする顔。いいねいいね。この瞬間が二週間のうち、いちばん好き。

そしてこっからが、わたしのやってみたかったこと。

キョンくんがやや戸惑いを含む声で、

「すると長門。お前はこの二週間を15498回もずっと体験してきたのか?」

聞いてきた。わくわく。

「そう、」

一拍置いて、

「そうなの! 毎回毎回毎回毎回あきれ果てるぐらいまで過ぎては戻り、過ぎては戻り

もういやになった自分の回数をカウントしても5桁を超えるようなぐらい体験してきたわ!

3歳だったわたしももう、597歳よ597歳! 普通の人間なら7~8回輪廻転生してても

おかしくないわよね。直線時間に直したらもしかしたらみくるんの未来にまで到達してるかも。

我ながらよく我慢できたものだと思うわ。何度心の中のサンドバッグを叩いたことか。

何が悲しくてそんなことを体験しなきゃいけないの? そう思うでしょ、キョンくぅん」

空気が、死んだ。


321 名前:名無しさん@ピンキー 本日のレス 投稿日:2006/05/21(日) 13:13:24 sY6buZUR

場を真空が占め、誰も動かない。たっぷり秒針が一周するぐらい待ってから

キョンくんが再起動した。いっちーのほうを向く。

「何でハルヒはこんなことをやってるんだ?」

いっちーは普段より二倍ぐらいの早口で、

「推測ですが涼宮さんは夏休みを終わらせたくないんでしょう。彼女の識閾下がそう思っているのですよ」

「そうなんですかー」

みくるんが裏返った声で合いの手を出す。

「彼女は夏休みにやり残したことがあると感じているのでしょう。それをせずに夏休みの終わりを迎え」

「戻るってわけか。いったい何をすれば、あいつは満足なんだ?」

「さあ、それは僕には。朝比奈さんは解りますか?」

「解らないですー」

「仕方ないな。それはおいおい考えるとして、今日のところは解散するか」

「そうするしかありませんね」

「こんな遅くにごめんなさいね」

ものの一分ぐらいでやり取りを終え、その場を立ち去ろうとする。

「おい」

わたしの制止にびくっ、と体を震わせる三人。

「な、なんだ? 長門」

キョンくんがぎこちなく振り返り、聞いてきた。

「なんだじゃないでしょ。こんなわたし、ダメ?」

「い、いやぁ。長門は長門らしいほうがいいと思うぞ」

汗を流しながらキョンくんがそう言えば、

「僕も長門さんには寡黙に部屋の片隅で本を読む、そう、そんな姿でいてほしいです」

いっちーが追随し、

「ごめんなさい、ちょっと恐いかも」

みくるんがひどいことを言った。

「……」


322 名前:名無しさん@ピンキー 本日のレス 投稿日:2006/05/21(日) 13:14:14 sY6buZUR

やるんじゃなかった。

あれ以来、三人は腫れ物に触るような感じで、わたしのことを扱ってくる。

さっさと二週間が終わって次の回になって欲しい。

そんなときに限って、上手くいっちゃうのは、なんでだろうね。

「……」

9/1 0:00。殺風景な部屋に置いてあるデジタル時計がその時を指していた。

わたしの顔がひきつる。どうしよう。

考えた末の結論は、メモリを参照に変な行動をしなかった日を切り貼りしてまともにすることだった。

情報統合思念体にお伺いを立て、許可をもらってから作業に取り掛かる。今日は学校に行けそうにないなあ。

翌日、なんとか整合性をつけることのできたわたしは、部室の片隅で本を読んでいた。

いっそのこと、わたしのメモリ自体にも干渉しておこうかと思ったが、やめておく。

行動だけ以前をトレースすることは、さほど難しくなかったから。

しばらくしてノックの音がし、ドアが開けられた。

そこにいたのは、キョンくんだった。

「よっ」

挨拶に目礼で返す。

「昨日どうしたんだ? 部室に顔を見せなかったよな」

まさか本当のことは言えない。

「用事」

この答えもかなり怪しく思われそうだが、仕方なかった。キョンくんもそう思ったようで、

「用事か……ん?」

変な顔をする。わたしの視線にキョンくんは自分でもなんでこんなことを思いついたかわからない顔で、

「いや、かなりユカイなお前がいたような気がしたんだが」

「気のせい」

「でも」

「気のせい」

「そうか」

「そう」

キョンくんはしぶしぶ納得する。どうやらあとでもう一度確認しておく必要があるようだった。

わたしの夏が終わるのは、まだ当分先になりそうだ。

(終わり)




** 文字化けしている時は、[トップ]からキーワードを探してください。 **
キーワードまとめページ