杉本晃志郎こと本名・掘江満氏

杉本晃志郎こと本名・掘江満氏

http://idol.bbspink.com/test/read.cgi/hgame/1017943357/654-666

INFINITE-JUSTICEのスポンサーである杉本晃志郎こと本名・掘江満氏

早稲田大学の政経出身者にして、

元アーベルソフトウェアの社員。

アーベルは老舗美少女ゲームメーカーのエルフから独立した菅野ひろゆき氏のゲーム会社。

掘江氏はリトルウィッチを離脱し、有限会社アマルガムを立ち上げた。

INFINITE-JUSTICEのブランド名で

デビュー作「Reflective Heart」を発売する予定だったが(当初02.02.14予定)、

延期を繰り返し一部原画家まで変更するなど迷走を極めた挙句、

2003年5月頃発売中止、9月頃OHPも消滅。

彼が株のデイトレードや仕手戦にのめりこんで、

ゲーム製作を完全におろそかにしたことが頓挫した原因らしい。

ちなみに「杉本晃志郎」(=掘江氏が使う仮の名前)が

シナリオ&トータルディレクション担当となっており、

彼の作業が進まないとどうしようもない。

ついで彼は

株式会社アークライトのブランドTerraLunner(テラルナ)の開発チーム、

月面基地前を引き取り、スポンサーとなった(2005年1月公表)。

ピンとくる人もいるだろうが、

月面基地前の最後の新作「らくえん」(04.06.25発売)の内容は

お蔵入りした「Reflective Heart」と重なる部分があり、

もしかしてそれで気に入ってスポンサーになったのかも知れない。

なお自分は一ユーザーで完全な部外者であり、

以上の情報は2ちゃんねるや各種HPなどで入手したもの。

不正確な部分があるかも知れず、情報の取捨選択は自己責任で。


エレメンタルジェレイドのパクリエロゲについての公式見解

先月下旬から話題になっていたエレメンタルジェレイド(以下EG)のパクリエロゲー、「エレメンタルレジオン-創世の戦記-」(現在はレジオン・ド・ヌールに改名)について、マッグガーデンが公式見解を出しました。

■当社出版作品を想起させる懸念のある著作物に関して■

 今般、複数の読者の皆様またお取引先各社の皆様から、当社出版作品を想起させる懸念のあるPC(パソコン)ゲームについてご連絡を頂戴いたしました。

当社としましては、当該ゲームの製作者に対して遺憾の意を表明するとともに、当該作品との誤認、混同を生じさせることのないよう厳重な申し入れを致しました。

現時点においては、先方ホームページ上にて題名変更等の対応があったことを確認しております。

今後とも本件も含め、当社出版作品を想起させる懸念のある著作物等に関して、当社は厳正な対応をとっていく所存でございますので、読者の皆様、株主の皆様、お取引各社の皆様のご理解・ご支援を頂戴いたしたくお願い申し上げます。

(2005.8.5)

 → http://www.mag-garden.co.jp/whatsnew.html#20050805

このゲームのプロデューサーの杉本晃志郎こと掘江満は、2005年3月末時点でマッグガーデンの第3位の株主。

EGのキャラクター・設定をパクったうえに、当初の原作者表記はサンナナ=ニーゼロ(マッグガーデン証券コードは3720)。

http://blade.350ml.net/200508.html#20050807A




** 文字化けしている時は、[トップ]からキーワードを探してください。 **
キーワードまとめページ