REVの物置::Group::Grev このページをアンテナに追加 RSSフィード

     propeller『きっと、澄みわたる朝色よりも、』応援バナーキャンペーン

2008-02-28

[]セレブ健保とはてな健保、デカルト健保 セレブ健保とはてな健保、デカルト健保 - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - セレブ健保とはてな健保、デカルト健保 - REVの物置::Group::Grev セレブ健保とはてな健保、デカルト健保 - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

救急車の件は、最終的には価値観の問題があるので、合意は困難と思う。

皆保険が崩壊した後、同じ価値観の人たちで健保組合をつくり、救急車を運用すればいいわけだ。


お金持ちのセレブは、セレブ健保をつくり、救急車を保有し、ベンツの救急車でお出迎えというわけだ。

で、ちょっと怖いことに気づく。

「お金持ちは、高いお金を払い、高いサービスを受ければいい」

どころではない。

下手をすると、

「お金持ちは、高い負担力を持ちながら、(相対的に)安価に、高いサービスを受ける」

恐れがある。


どういうことか。

お金持ちは、健康診断にお金を(相対的に)ケチらない。

お金持ちは、(相対的に)フィットネス、自然食、など、体に気をつかう。

お金持ちは、喫煙、アルコールの過剰摂取が(相対的に)少ない。


いや、俺お金持ちじゃないので嘘かもしれないけど。


で、セレブ健保は、絶対的に高い保険料を取るだろうが、(相対的に)低い有病率によって、運営はスムーズに行ってしまうかもしれない。あと、セレブなら、雨が降ったら病院には自家用車で行くかもしれないし、タクシーでいくかもしれない。集団としてみれば、タクシー代なら数千円、救急車を派遣すれば数万円のコストがかかる。お行儀のいい組合員が多ければ、準備する救急車、救急車乗務員の数を減らすことができるだろう(まあ、実際には委託先の有料救急車からの請求を組合で払い出しという形になるだろう。もちろん、加入者あたりの出動回数が保険料に響くわけだが)。




セレブ健保のセレブ病院

 福岡市博多区のさく病院(朔寛(さく・ひろし)院長)で、入院中の男性患者(68)が、血液製剤と取り違えて全身麻酔薬を点滴され、容体が急変し、死亡していたことがわかった。病院はミスを認めて遺族に謝罪し、博多署に報告。同署は業務上過失致死容疑で、病院からカルテなどを押収し、関係者から事情聴取するなど捜査を進めている。

http://www.asahi.com/national/update/0227/SEB200802270003.html

 対策は、現実性を考えなければいくらでも考えられる。

  • 精神論を朝礼で一時間話す
  • 定期的に、従業員を再教育に出し(≠日勤教育)、薬の効能を教える
  • PDAを持たせ、投与時に病名とベリファイする
    • RFIDでも、バーコードでも。
    • 癌でも無いのに抗がん剤とか、麻酔中でもないのに麻酔薬とか。
    • 輸血時に血液型をベリファイしてもいいかも

 セレブ病院では、初期投資の結果事故が減ってコストが減り、ブラック病院では士気が落ちて事故が頻発し、訴訟と賠償で資金難、なんて未来は来るのだろうか。

2008-01-30

[] 2008-01-30 - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク 2008-01-30 - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

f:id:REV:20080131212851p:image

青い直線が、フラット倫理

人助けはいいことで、敬老はいいことで、悪口はよくなくて、殺人は駄目。

そういう倫理


でも、実際は、マジョリティーの重力倫理直線はゆがむ。通常では推奨されないことでも、マジョリティーの構成員であれば、実質的に許容されたりする。赤い曲線。同じように、広い倫理では許容されてもいいことでも、許容されないこともある。


 だからといって、フラット倫理を下回ってもいいか、というのが一点。あと、不利な倫理から離脱するために、マジョリティーから、つまり社会から距離をおくのが有益かどうか。

2007-06-17

[]Blog大戦略 Blog大戦略 - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - Blog大戦略 - REVの物置::Group::Grev Blog大戦略 - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

!


 ジャングルは地獄なBlog界隈で、また外政に動きをみせる国家が登場した。

 その国は、国境付近で示威行動を繰り返していた。それを脅迫行為と受け取り、国内が不穏になる国もあった。

 そこで、介入の動きを見せたのがB国である。大きな勢力を誇り、B国が介入すれば紛争は終結する、と言われる程である。A国の動きに不快感を示し、A国と取引を続けるものは、A国の協力者とみなす、と声明を出した。

 これで、紛争が終結するかと思われたが、意外と反対勢力が声をあげた。

 B国の覇権を疎ましく思うのか、覇権主義に反対するのか。A国とC国の出来事は、二国間の問題である。他国が口を挟むべきではない。また、本当に国境侵犯があるなら、自分で反撃するか、安全保障理事会に提訴すべきだ。と。

 D国が最先鋒である。

 A国の示威行動問題は、B国の声明後、A国とC国らの個別講和でなんとなく終息に向かったが、講和に至らない国家間問題、D国とB国の対立、は今だ継続中である。


[]Blog大戦略2 Blog大戦略2 - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - Blog大戦略2 - REVの物置::Group::Grev Blog大戦略2 - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

 同じ側の兵隊が、民間人に機銃を乱射するような行為をしているのを見ると、色々複雑。

 

2007-06-05

[]2007年度上半期+αのリンク元 2007年度上半期+αのリンク元 - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - 2007年度上半期+αのリンク元 - REVの物置::Group::Grev 2007年度上半期+αのリンク元 - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

http://www6.ocn.ne.jp/~katoyuu/ 9,160 4.26%

http://lightnovel.g.hatena.ne.jp/REV/archive 5,761 2.68%*1

http://www.golgo31.net/ 4,742 2.21%

http://d.hatena.ne.jp/REV/ 4,389 2.04%

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Hanamizuki/9167/ 2,232 1.04%

http://d.hatena.ne.jp/maepy/ 1,901 0.88%

http://lightnovel.g.hatena.ne.jp/REV/ 1,721 0.80%

http://www.karzusp.net/ 1,452 0.68%

http://www.pluto.dti.ne.jp/~rinou/ 1,408 0.65%

http://www.new-akiba.com/archives/2007/05/post_9521.html 1,357 0.63%

http://members.jcom.home.ne.jp/sarasiru/ 1,141 0.53%

http://lightnovel.g.hatena.ne.jp/ 1,042 0.48%

http://www6.ocn.ne.jp/~katoyuu/ 1,024 0.48%

http://1se.sakura.ne.jp/a/ 932 0.43% *2

http://www.ne.jp/asahi/asame/shinbun/ 925 0.43%

http://ilya0320.blog14.fc2.com/ 825 0.38%

http://mltr.free100.tv/index02.html 802 0.37% *3

http://reader.livedoor.com/reader/ 768 0.36% *4

http://d.hatena.ne.jp/ 765 0.36% *5

http://www.new-akiba.com/archives/2007/05/post_9491.html 732 0.34%

http://www.sukumizu.jp/ 694 0.32%

http://d.hatena.ne.jp/syabuichi/ 686 0.32%

http://search.yahoo.co.jp/search?p=ちゅるやさん&fr=top 681 0.32% *6

http://harusuki.net/haruhi_ninki.html 644 0.30%

http://lightnovel.g.hatena.ne.jp/REV/20070401/p1 608 0.28%

http://lightnovel.g.hatena.ne.jp/REV/archive?word=&of=200 587 0.27%

http://www.new-akiba.com/archives/2006/08/divxstage6_2.html 550 0.26%

http://b.hatena.ne.jp/entrylist?sort=hot 519 0.24%

http://bitaminmoe.blog21.fc2.com/ 455 0.21%

http://www.new-akiba.com/archives/2007/01/post_6477.html 426 0.20%

http://harusuki.net/haruhi_cg.html 409 0.19%

http://d.hatena.ne.jp/shamrock4/ 407 0.19%

http://b.hatena.ne.jp/ 398 0.19%

http://d.hatena.ne.jp/Su-37/ 391 0.18%

http://lightnovel.g.hatena.ne.jp/REV/20070519/p1 366 0.17%

http://d.hatena.ne.jp/kim-peace/ 363 0.17%

http://members.jcom.home.ne.jp/sarasiru/nikki.html 360 0.17%

http://hw001.gate01.com/karzu/ 333 0.15%

http://d.hatena.ne.jp/y_kamishiro/20061021/1161404214 328 0.15%

http://www.new-akiba.com/archives/2006/07/mad_10.html 307 0.14%

http://b.hatena.ne.jp/hotentry 301 0.14% ←ここで、やっとHotentry

*1:ここからのアクセスが意外に多い。外部から飛んできて、集中的に過去ログを見るパターン

*2:継続的に一日5~6件

*3:軍事板ログまとめサイトのPVが伺われる

*4:塵山

*5:Hotentryに付随

*6:何故か多い

2007-02-21

[] 2007-02-21 - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク 2007-02-21 - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20070220

といふか、さういふ作業にWikiといふ仕組は全然向いてないんではないか。で、思つたんだけど、スプレッドシート型(あるいははてなRSSの番組表モード型)の年表作成ツールなんてものがあるといいんぢやないかと思つた。もちろんイメージは松岡正剛の「情報の歴史」である。出版社やレーベル毎のカラムを並べて時間で区切る形式で、ただ淡々と事実を書き連ねればよい。さうすることで浮び上る隠された事実なんてものも出てこよう。もちろんラノベに限つた話でなく、すべてのメディアについて同様のものがあれば良いと思ふ。


手持ちでは、こんな感じで年表を作っています。

http://grev.g.hatena.ne.jp/files/grev/7f155b1420307436.htm

Excelで作っているので、カラム分けが出来ていません。


2005年あたりで、興味を失って放置中ですが。

おそらく、Wikipediaがこういうのを置き換えるんじゃないかと思っています。


で、現在のこの表での問題点は、

  • カラム分けができていない
    • 但し、不用意にカラム分けをすると、検索性に難が出る。データとしては一元化しておき、カテゴリー、タグで左右に視覚的な振り分けをするほうが望ましい。重複の刈り込みもしやすいし。
  • 分類の困難性
    • 分類は、現在、大分類-中分類-小分類で行っているけど、分類の妥当性が一つの問題。フリータグをバインドするのが一番だと思うのだけど。
  • 集合知
    • このHTMLでは表示していませんが、項目ごとに重要度を設定し、重要度によって表示レベルを変えています。すべてのアニメ、なんかを表示していると、ある人にとってのS/N比は落ちるわけです。同様に、ゲームタイトルとか。
    • なので、読者によって重要度を設定し、それを集積した形で重要度設定ができると、私の歴史、みんなの歴史、が作成できるわけです。
  • 階層化
    • このHTMLでは、見出しだけで、解説は表示していません。縦(Y軸)を年代、横(X軸)をカテゴリー、そしてクリックで開設、というのが望ましい表示方法かもしれません。


あ、あと、あちこちの表をマージしたものなので、著作権が問題ともいえるw




文字化けしているときは、トップから適当なキーワードを探してみてください。