REVの物置::Group::Grev このページをアンテナに追加 RSSフィード

     propeller『きっと、澄みわたる朝色よりも、』応援バナーキャンペーン

2014-07-29

小中学生むけ(?)のラノベ 小中学生むけ(?)のラノベ - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - 小中学生むけ(?)のラノベ - REVの物置::Group::Grev 小中学生むけ(?)のラノベ - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

太一が下宿することとなった「空栗荘」は、なんと「こちら側」の世界妖怪達の住む「あちら側」の境目に建っていた。そこで出会った住人達は、どちら側も変わり者ばかり。太一の少し不思議な日々が始まる……。

「キャラ」、「萌え」分は弱めで、人物の交流を強めに描写する作風なので勧めやすいかな。今ならMW文庫か。



伊佐と雪 ?やさしいよる? (GA文庫)

伊佐と雪 ?やさしいよる? (GA文庫)

こちらも妖怪モノだが、異能分強めで、友情モノといえよう。あと、冷静に見ると男子向けには見えないなこれw




クレイジーカンガルーの夏 (GA文庫)

クレイジーカンガルーの夏 (GA文庫)

田んぼの上を通り過ぎるジャンボジェット。ラジカセから流れる「はっぴぃえんど」の歌。中学一年の夏休み。

須田広樹が待ちに待った夏休みは、仲の良い秀一や敬道、それに東京から転校してきた、ちょっとあか抜けた感じの従兄弟・冽史を交えてにぎやかに始まった。プールで遊んで、ガンダム談義で盛り上がって、大人になんかはなりたくなくて……いつまでも続けばいいと思っていた。そんなある日、冽史の家の事情をきっかけに、4人はちょっとした冒険を試みることになるのだった。

誰しも心のどこかに残している少年時代が色鮮やかに蘇る、ちょっとノスタルジックなストーリー。

「キャラ」、「萌え」分は弱めどころか皆無、宇宙人も未来人も異世界人も超能力者も、霊能力者も登場しない作風。どうみても一般文庫です。

戦塵外史 野を馳せる風のごとく (GA文庫)

戦塵外史 野を馳せる風のごとく (GA文庫)

いわゆる通常の「歴史」モノ、「剣豪」モノ、に比べ、架空の歴史を舞台にしている分、キャラには超人的な能力が附せられ、エンターテイメント性に優れているつくりに。キャラにスーパーインポーズでHP/MP/Level/Expが表示されるかのようなRPG小説より、そういう意味では勧めやすいカモ。



シニカルな視線で描かれた世界は、中学生、それも中学二年生あたりに適しているカモです。




文字化けしているときは、トップから適当なキーワードを探してみてください。