REVの物置::Group::Grev このページをアンテナに追加 RSSフィード

     propeller『きっと、澄みわたる朝色よりも、』応援バナーキャンペーン

2014-07-26

家族構成別の相対貧困率 家族構成別の相対貧困率 - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - 家族構成別の相対貧困率 - REVの物置::Group::Grev 家族構成別の相対貧困率 - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

OECD で は、2000 年 代 半 ば ま で のOECD加盟国の相対的貧困率を公表しており、これによると、相対的貧困率の小さい順に並べた場合、日本は、OECD加盟国30か国中27位となっている。

特に子どもがいる現役世帯のうち大人が1人いる世帯(いわゆるひとり親家庭)の相対的貧困率が加盟国中最も高くなっている。

このように、ひとり親家庭等大人1人で子どもを養育している家庭において、特に、経済的に困窮しているという実態がうかがえることから、ひとり親家庭の経済的な自立を可能とする就業支援策などの充実・強化や、経済的支援の拡充が課題となっている。

http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/12/dl/1-05.pdf

f:id:REV:20140727145900p:image


ある国や地域の大多数よりも貧しい相対的貧困者の全人口に占める比率。OECDでは、等価可処分所得(世帯の可処分所得を世帯人数の平方根で割って算出)が全人口の中央値の半分未満の世帯員を相対的貧困者としている。相対的貧困率は、単純な購買力よりも国内の所得格差に注目する指標であるため、日本など比較的豊かな先進国でも高い割合が示される。

http://kotobank.jp/word/%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E7%9A%84%E8%B2%A7%E5%9B%B0%E7%8E%87



文字化けしているときは、トップから適当なキーワードを探してみてください。