REVの物置::Group::Grev このページをアンテナに追加 RSSフィード

     propeller『きっと、澄みわたる朝色よりも、』応援バナーキャンペーン

2014-02-01

PC自作覚書 PC自作覚書 - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - PC自作覚書 - REVの物置::Group::Grev PC自作覚書 - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

 プロでもマニアでもないけど、ちょっと書いておく。随時修正。

熱は敵だ

 電子部品は温度が上がると熱暴走を起こす。CPUもビデオカードもHDDも。メモリもチップセットも、そして電源も熱暴走を起こすと言われる。また、熱暴走を起こさなくても、寿命の短縮を起こすと言われる。

HDDの温度

http://d.hatena.ne.jp/./LM-7/20070219/1171899987

平均温度が35℃から45℃程度がもっとも故障率が低く、30℃以下の低温環境下、あるいは50℃以上の高温環境下で故障率が高くなっている事がわかる。意外なことに、50℃の高温動作よりも20℃における動作の方が4倍程度故障率が高くなっている。

http://hddbancho.co.jp/deteriorationandmeasuresof_hdd.html

この表からわかることはハードディスク温度が60℃を超えると寿命が大変短くなってしまうことだ。とくに65℃を超えると即死することがわかる。

* 温度が50℃を超えない *

ことが絶対条件として、「熱勾配」、つまり短時間での温度上昇とか、HDD筐体内での温度の不均衡とかが寿命短縮の要因という説があり、確かに低温が寿命短縮をもたらす機構はそんなものかもしれない。

リムーバブルケース

HDDを専用のキャニスターに入れて配線し、それをラックに入れる形式がIDE/SCSIの時代は基本だったけど、最近のSATAだとHDDをそのまま入れたり、そうでなくてもトレイとかレールを装着してラックに入れるという、HDDについている端子をそのまま利用するものが多い。インナーキャニスター方式だと、盛大に温度があがる。7℃は上がったという事例も。

http://nupo.fc2web.com/vipower/tmp/tmp.htm



こちらではリムーバブルケースの方が10℃低い

http://ascii.jp/elem/000/000/355/355919/


重要なことは、

* PCケース内のHDDにもFanで風が当たるようにすること *

かな。




文字化けしているときは、トップから適当なキーワードを探してみてください。