REVの物置::Group::Grev このページをアンテナに追加 RSSフィード

     propeller『きっと、澄みわたる朝色よりも、』応援バナーキャンペーン

2013-10-25

2013年9月の読書メーター 2013年9月の読書メーター - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - 2013年9月の読書メーター - REVの物置::Group::Grev 2013年9月の読書メーター - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

2013年9月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3267ページ
ナイス数:32ナイス

最新のゲームは凄すぎだろ 1 (ヒーロー文庫)最新のゲームは凄すぎだろ 1 (ヒーロー文庫)感想
Web版既読。なろう!でも、更新が遅めな割にランクの高い作品だった。スレ違いは、コメディの良いネタだが、この作品だと、スレ違いが、どこか悲劇じみている域にあるところがポイントかな。
読了日:9月30日 著者:浮世草子
月が導く異世界道中2月が導く異世界道中2感想
Web版既読。呪病騒動編。あちこちに補完された部分もあり、既読でも面白かった。ライムラテのイラストが今回の収穫かな。
読了日:9月25日 著者:
六畳間の侵略者!? 14 (HJ文庫)六畳間の侵略者!? 14 (HJ文庫)感想
.5 x2で、通巻16冊目の本作。順調に伏線を回収中。もう、ラストは銀河の好色王しか
読了日:9月24日 著者:健速
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件7 ドラマCD付特装版 (一迅社文庫)俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件7 ドラマCD付特装版 (一迅社文庫)感想
伏線が一つ説明され、そしてラスト、驚愕の展開が! / 動的な挿絵といえば、これと、"のうりん"あたりが思い浮かぶ。
読了日:9月24日 著者:七月隆文
のうりん 4 (GA文庫)のうりん 4 (GA文庫)感想
台風の日に「田んぼを見に行く」というのが、興味本位の物見遊山ではないこと程度の知識はあったが、排水溝が泥で詰まらないようにするなど、かなり大変なのね。流されてしまうのも無理はないか。
読了日:9月14日 著者:白鳥士郎
棺姫のチャイカVII (富士見ファンタジア文庫)棺姫のチャイカVII (富士見ファンタジア文庫)感想
チャイカ・トラバントだけが次の場所に移転し、そこでおのれを創造した存在と出会い、全ての真実を知ったのである。世界は――永遠に続くというのか。では私の戦いはいつ終わるというのか。既に帰る道はなく、新たな百億と千億の日々がチャイカの前に在るだけだった・・・。 だったらどうしよう。 / 後書きにもあるように、名前がクルマの商標からとられているが、アニメ化、いいんだろうか… って、レイアースがあったなそういえば。
読了日:9月12日 著者:榊一郎
はたらく魔王さま! (9) (電撃文庫)はたらく魔王さま! (9) (電撃文庫)感想
世界の不条理を感じた一冊だった。異世界エンテ・イスラで天界や魔界、教会の思惑に振り回される民衆の姿にも不条理を感じたが、何よりも、あっちこっちに頭を下げてシフトを代わって貰わないと家族の一大事に仕事を休めないアルバイトってものに不条理を感じた。
読了日:9月11日 著者:和ヶ原聡司
棺姫のチャイカVI (富士見ファンタジア文庫)棺姫のチャイカVI (富士見ファンタジア文庫)感想
BW 行動原理が読めなかったが、そういうことなのね。 / もし、黄チャイカが登場したら、きっとカレー好きの筈 (参考:黄レンジャーの錯誤 http://www.high-octane.org/log06.html ) / あと、電子書籍はその安いページ原価を利用してキャラ一覧をつけてほしい。衝撃のラストシーンも 「… で、その人だれだっけ?」になっちゃうので。
読了日:9月6日 著者:榊一郎
棺姫のチャイカV (富士見ファンタジア文庫)棺姫のチャイカV (富士見ファンタジア文庫)感想
BWにて。大仕掛けなのね。
読了日:9月6日 著者:榊一郎
魔法科高校の劣等生 (11) 来訪者編(下) (電撃文庫)魔法科高校の劣等生 (11) 来訪者編(下) (電撃文庫)感想
Web版既読。Webでは、11巻くらいまでだった気が。P337のイラストを見ることができただけでも製品版を買った意義はあったか。
読了日:9月4日 著者:佐島勤
魔法使いと風精霊 (フェザー文庫)魔法使いと風精霊 (フェザー文庫)感想
Web版既読。Webの更新してたっけ? / あまりドラマの片鱗は見られないので、ファン向けの一作
読了日:9月4日 著者:田中二十三

読書メーター




文字化けしているときは、トップから適当なキーワードを探してみてください。