REVの物置::Group::Grev このページをアンテナに追加 RSSフィード

     propeller『きっと、澄みわたる朝色よりも、』応援バナーキャンペーン

2013-04-09

"自宅内LANに振るプライベートIPアドレスでも音が変わる!?" "自宅内LANに振るプライベートIPアドレスでも音が変わる!?" - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - "自宅内LANに振るプライベートIPアドレスでも音が変わる!?" - REVの物置::Group::Grev "自宅内LANに振るプライベートIPアドレスでも音が変わる!?" - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 17:18:18.71 id:CFJmj5Sk0

お約束のアレ

自宅内LANに振るプライベートIPアドレスでも音が変わる!?

大容量ファイルサーバに音源を置き、手元のオーディオPCで音楽を楽しむというスタイルで、

何気に見逃されがちなのは、各ネットワークカードに振る「IPアドレス」だ。

通常はブロードバンドルータやNAS、OSデフォルトのDHCP機能で自動的に決められることが

多いこのIPアドレスだが、アドレス値が再生音に影響を与えることは、以外にも知られていない。

・クラスAプライベート(10.0.0.0/8)

24ビットという広大なホスト空間に相応しい広がりのある音場。その反面、スピーカーの

セッティングに難があるとまばらな「寂しい音場」になってしまう。使いこなしがキモ。

・クラスBプライベート(172.16.0.0/12)

クラスAとクラスCの中間的特性を示す。バランス感の取れた音。

・クラスCプライベート(192.168.0.0/16)

16ホスト部に凝縮されたコンパクトだが密度感の高い音が身上。CD-DAの

量子化ビットである16ビットとアドレス長が一致しているため、DA変換の精度的にも

優位性が一番高いという点も、見逃せない。

http://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-6004.html



文字化けしているときは、トップから適当なキーワードを探してみてください。