REVの物置::Group::Grev このページをアンテナに追加 RSSフィード

     propeller『きっと、澄みわたる朝色よりも、』応援バナーキャンペーン

2012-07-19

「キャラクター立て小説」のイメージ 「キャラクター立て小説」のイメージ - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - 「キャラクター立て小説」のイメージ - REVの物置::Group::Grev 「キャラクター立て小説」のイメージ - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

f:id:REV:20120720001214j:image

昔は、一般文芸とラノベの境は明瞭で、それを飛び越えることは「越境」と呼んで珍重していた。

その、一般文芸とラノベの間のDMZに新しいマーケットがあるんじゃね?と考えた人が、ゼロノベルなどを提唱したらしいが、爆死した印象ではある。


すこし時代は下り、「一般文芸」というマーケット全体が、キャラクター小説に近づいてきた感がある。その、共通部分が「キャラクター立て小説」なのかと。

ただ、それがひとつのまとまりとして認知されていくかは謎。



「越境」の意義 「越境」の意義 - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - 「越境」の意義 - REVの物置::Group::Grev 「越境」の意義 - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント


ある駆け出し料理人が、レストランで勤務し、そして独立し成功を収める。そのレストランの先輩が「あいつは俺たちが鍛えた(ドヤ!」


と、


ある駆け出し芸人が、コンビニで勤務し、その後ブレイクし成功を収める。コンビニの先輩が「あいつは俺たちが鍛えた(ドヤ!」


の違いについて。




文字化けしているときは、トップから適当なキーワードを探してみてください。