REVの物置::Group::Grev このページをアンテナに追加 RSSフィード

     propeller『きっと、澄みわたる朝色よりも、』応援バナーキャンペーン

2012-05-01

[]奇矯さとリアルさの間 奇矯さとリアルさの間 - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - 奇矯さとリアルさの間 - REVの物置::Group::Grev 奇矯さとリアルさの間 - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

 現実性、じゃなくて、人物造形の複雑さ、かな。


 ハルヒのヒットは、

「SF面とキャラ面があり、それぞれ旧世代、新時代オタに支持され、倍のマーケットを得た」

のではなくて、

「メタな設定が特徴のある(奇橋ともいえる)キャラクターを補強していた。キャラなしでは、設定はあっても物語はなく、設定がなければ、キャラはあっても違和感が先に立ち、奇妙な物語で終わっていただろう」

と思っている。

谷川流がいなければ、いとうのいぢがいなければ、今のラノベはない… とは思っていないけどね。

遅れたとしても、3日くらい?


でまあ、メタさが特徴のあるキャラ造形を可能にした先輩といえば、セーラームーンがそんな気がする。メタというかネタでデフォルメしたキャラが、そのままベタに。




文字化けしているときは、トップから適当なキーワードを探してみてください。