REVの物置::Group::Grev このページをアンテナに追加 RSSフィード

     propeller『きっと、澄みわたる朝色よりも、』応援バナーキャンペーン

2009-04-10

[]はだかの王様 はだかの王様 - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - はだかの王様 - REVの物置::Group::Grev はだかの王様 - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

新しい車が大好きな王様の元に、二人組のディーラーがプレミアムブランドを作ったという触れ込みでやって来る。彼らは何と、馬鹿や自分にふさわしくない仕事をしている者にはプレミアムブランドに見えない不思議な自動車を作る事が出来るという。王様は大喜びで注文する。仕事場に出来栄えを見に行った時、目の前にあるはずのプレミアムスポーツセダンが王様の目には見えない。王様はうろたえるが、家来たちの手前、本当の事は言えず、そう見えもしない自動車を褒めるしかない。これはBMWやメルセデスにも負けない、素晴らしいスポーツセダンだ。家来は家来で、自分にはプレミアムブランドに見えないもののそうとは言い出せず、同じように自動車を褒める。王様は、そう見えもしない自動車に乗りパレードに臨む。見物人も馬鹿と思われてはいけないと同じように自動車を誉めそやすが、その中の小さな子供の一人が、こう叫ぶ。「王様がマークXに乗っているよ!」


元ネタ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%B8%E3%81%AE%E7%8E%8B%E6%A7%98




文字化けしているときは、トップから適当なキーワードを探してみてください。