REVの物置::Group::Grev このページをアンテナに追加 RSSフィード

     propeller『きっと、澄みわたる朝色よりも、』応援バナーキャンペーン

2008-02-22

[]この先生きのこるには この先生きのこるには - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - この先生きのこるには - REVの物置::Group::Grev この先生きのこるには - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

特定の分野に特化したスペシャリストでないとこの先生き残れない、というのは医療の世界でも語られているのだろうか。

http://b.hatena.ne.jp/hatayasan/20080222#bookmark-7601732

 10のリソースがあると、1+1+…+1と分配すると家庭医に、7+1+1+1というように分配すると、専門医になる。


 さて、普通の物品であれば、「特色の無いゼネラリストより、特化したスペシャリストであれ」ということなんだけど、あれだ。


 コスト・クオリティー・アクセス


 日常使う物品では、アクセスは宅配便の利用で解決しなり、また、レストランなどは、美味しければ数百Km離れていても集客できる。

 で、都会の大病院であれば、専門医を集めた大病院というのが成立するけど、では田舎ではどうなんだという話になる。スペシャリストとし、高給を得ることを医師は望み、患者はスペシャリストに診察されることを望む。で、田舎はどうなる、という話だと、福島県は聖地だなぁという結論に。




文字化けしているときは、トップから適当なキーワードを探してみてください。