REVの物置::Group::Grev このページをアンテナに追加 RSSフィード

     propeller『きっと、澄みわたる朝色よりも、』応援バナーキャンペーン

2008-02-06

[]戦術指南は嫌われる話 戦術指南は嫌われる話 - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - 戦術指南は嫌われる話 - REVの物置::Group::Grev 戦術指南は嫌われる話 - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20080205ddlk13040603000c.html

清瀬の女性死亡:11病院受け入れず 長男が心境吐露「国に殺されたような」 /東京

 「母は国に殺されたようなもの。早く救急医療体制を整えるべきだ」。清瀬市の無職、岩下茂子さん(95)が1月、救急搬送中に11病院から「処置困難」「満床」などの理由で受け入れられず、結果的に死亡した。長男の洋三さん(50)は一刻も早い救急医療体制の立て直しを訴える。

 息子は、特定の医師や病院ではなくて、医療体制の不備を「国」に訴えている。

 95歳に、心カテ補助循環人工呼吸というのではなく、収容とミニマムな治療というのであれば、医療サイド、住民側としても共有できるゴールだと思う。


 医療サイド、住人サイドが共有できるゴールを設定し、啓蒙を行う、というのが到達目標であり、毎日新聞叩きは、余暇ではあっても到達目標では無いとおもう

 のだった。




文字化けしているときは、トップから適当なキーワードを探してみてください。