REVの物置::Group::Grev このページをアンテナに追加 RSSフィード

     propeller『きっと、澄みわたる朝色よりも、』応援バナーキャンペーン

2008-02-06

[]都市伝説? 都市伝説? - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - 都市伝説? - REVの物置::Group::Grev 都市伝説? - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

訴訟になっていれば、どこか報道や判例に残りそうだけど発見できず。

705 :名無しさん:2007/12/22(土) 11:02:34

これは事実?

http://ton.2ch.net/hosp/kako/1011/10114/1011482806.html

252 名前: 248 投稿日: 02/03/30 16:30 id:uOq/bj8X

>それよりなにより、ハイリスク暴走運転を鼻にかけて反省もしないような

やつは業界みんなの迷惑さ。

そこまでは、いってませんが・・・。

ただ、使命感を持って行動することに関しては僕も賛成なのですが、

それとお金の問題とは、別の問題となってくると思います。

 家庭に迷惑をかけずに、数千万円の慰謝料を払える方はそう多くない

と思います。

事例として、飛行機ではないのですが、こういう話を聞いた事があります。

 昭和の時代に、S大学医学部の整形外科の先生が、富士の方に家族連れで

ドライブに行ったとき、バイク乗りが転倒していて、怪我をしていた。

自分の専門であり、医師の使命感にかられた彼は、バイク乗りを診て、

骨折であったため、自前のハンカチで応急手当をし、

すぐに病院を受診をすることと、RICE療法を指示したところ、

バイク乗りから、ぜひお礼がしたいから、連絡先を教えてほしいと

言われ、名刺を渡した。

ところが、バイク乗りが病院を受診したところ、骨髄炎となっており、

彼はその整形外科医を相手に訴訟を起こし、裁判所の結論は、

「専門医でありながら、滅菌していない布で患部を覆った」のは

医療従事者としてあるまじき行為として、数千万の賠償を命じた。

それから、その医師がどうしたのかプライベートな事なので

知りませんが、彼の家庭にかかる負担は相当なものだったと

予想されます。

自分の家庭を危機に晒しても、医師としての使命を貫こうという方が

大勢いるのには、正直、尊敬の念が沸いてきます。

僕は、自分の医師としての使命感は、出て行く事を望みますが、法整備の

できてない現状で、出て行く事にはためらいを隠せません。

jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/8599/1179924906/697n




文字化けしているときは、トップから適当なキーワードを探してみてください。