REVの物置::Group::Grev このページをアンテナに追加 RSSフィード

     propeller『きっと、澄みわたる朝色よりも、』応援バナーキャンペーン

2008-02-06

[]都市伝説? 都市伝説? - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - 都市伝説? - REVの物置::Group::Grev 都市伝説? - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

訴訟になっていれば、どこか報道や判例に残りそうだけど発見できず。

705 :名無しさん:2007/12/22(土) 11:02:34

これは事実?

http://ton.2ch.net/hosp/kako/1011/10114/1011482806.html

252 名前: 248 投稿日: 02/03/30 16:30 id:uOq/bj8X

>それよりなにより、ハイリスク暴走運転を鼻にかけて反省もしないような

やつは業界みんなの迷惑さ。

そこまでは、いってませんが・・・。

ただ、使命感を持って行動することに関しては僕も賛成なのですが、

それとお金の問題とは、別の問題となってくると思います。

 家庭に迷惑をかけずに、数千万円の慰謝料を払える方はそう多くない

と思います。

事例として、飛行機ではないのですが、こういう話を聞いた事があります。

 昭和の時代に、S大学医学部の整形外科の先生が、富士の方に家族連れで

ドライブに行ったとき、バイク乗りが転倒していて、怪我をしていた。

自分の専門であり、医師の使命感にかられた彼は、バイク乗りを診て、

骨折であったため、自前のハンカチで応急手当をし、

すぐに病院を受診をすることと、RICE療法を指示したところ、

バイク乗りから、ぜひお礼がしたいから、連絡先を教えてほしいと

言われ、名刺を渡した。

ところが、バイク乗りが病院を受診したところ、骨髄炎となっており、

彼はその整形外科医を相手に訴訟を起こし、裁判所の結論は、

「専門医でありながら、滅菌していない布で患部を覆った」のは

医療従事者としてあるまじき行為として、数千万の賠償を命じた。

それから、その医師がどうしたのかプライベートな事なので

知りませんが、彼の家庭にかかる負担は相当なものだったと

予想されます。

自分の家庭を危機に晒しても、医師としての使命を貫こうという方が

大勢いるのには、正直、尊敬の念が沸いてきます。

僕は、自分の医師としての使命感は、出て行く事を望みますが、法整備の

できてない現状で、出て行く事にはためらいを隠せません。

jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/8599/1179924906/697n


[]戦術指南は嫌われる話 戦術指南は嫌われる話 - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - 戦術指南は嫌われる話 - REVの物置::Group::Grev 戦術指南は嫌われる話 - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20080205ddlk13040603000c.html

清瀬の女性死亡:11病院受け入れず 長男が心境吐露「国に殺されたような」 /東京

 「母は国に殺されたようなもの。早く救急医療体制を整えるべきだ」。清瀬市の無職、岩下茂子さん(95)が1月、救急搬送中に11病院から「処置困難」「満床」などの理由で受け入れられず、結果的に死亡した。長男の洋三さん(50)は一刻も早い救急医療体制の立て直しを訴える。

 息子は、特定の医師や病院ではなくて、医療体制の不備を「国」に訴えている。

 95歳に、心カテ補助循環人工呼吸というのではなく、収容とミニマムな治療というのであれば、医療サイド、住民側としても共有できるゴールだと思う。


 医療サイド、住人サイドが共有できるゴールを設定し、啓蒙を行う、というのが到達目標であり、毎日新聞叩きは、余暇ではあっても到達目標では無いとおもう

 のだった。


[]うん、それ無理。 うん、それ無理。 - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - うん、それ無理。 - REVの物置::Group::Grev うん、それ無理。 - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

卒業研究の肝は、正解がない問題(正解を誰も知らない問題)を観察した事実や構築した理論に基づき論じるという点にある。なので、上記の「正解を先生が知っている」という姿勢で卒業研究に望む生徒はいつまでたっても、研究が進まない。しかも、勉強した知識や先生や先輩からもらった助言と観察できた事実との間に関係性を結ぶことができないので、実験しても実験しただけ。プログラム組んでもプログラム組んだだけという状態で止まる。本当に困っちゃう。

http://d.hatena.ne.jp/./next49/20080205/p2

設問があって、選択肢があるとする。選択問題など云々、というのはさておく。


選択肢に対する利得が、

回答1: A= -10  B= -10

回答2: A= 100  B= 100

回答3: A= -50  B= -50

だとすると、回答2が正解。ただ、こんな場合は世の中だとそんなに多くないかも。


選択肢に対する利得が、

回答1: A=  70  B= 100

回答2: A= 100  B= 100

回答3: A= 100  B=  50

だと、やはり、回答2が正解。


で、実際は、


選択肢に対する利得が、

回答1: A=  70  B=  60

回答2: A=  50  B=  90

回答3: A=  60  B=  70

だと、どれが正解なのか。AもBも、同じ「通貨」なら簡単だけど、ミカンとリンゴとか、価値判断が必要な場合もある。選択する際に、その前提となる価値基準を提示する必要があるわけだ。


 ああ、そうか。「正解」が、「設問」に「内在」すると考える派と、「正解」は「設問」と「価値(理論)」とのインタラクションにある、と考える派なのかな。




文字化けしているときは、トップから適当なキーワードを探してみてください。