REVの物置::Group::Grev このページをアンテナに追加 RSSフィード

     propeller『きっと、澄みわたる朝色よりも、』応援バナーキャンペーン

2006-07-04

2006-07-04 - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク 2006-07-04 - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント

http://72.14.235.104/search?q=cache:P4OSn8Um5nIJ:www3.kiwi-us.com/~ingle/past/log4-5.html

パーキンソンは第二次大戦直後のイギリスを念頭に置いた気がしてなりません。その時のイギリスは本当にみじめな国でした。労働党の政策で大企業の国有化や医師などの公務員化を本当にやりました。

結果として良質の医師の大半がアメリカに行き、抗生物質も市中に出回らなくなりました。ペニシリンを発明した国でありながら大半の製薬会社は倒産し現在まともな製薬会社は元国営のインペリアルケミカルしかなく、それもあまり活躍をききません。結核で人はバタバタ死にますし、食糧の配給は1952年まで続きました。

よく中国の経済発展を言いますが、解放後25年たってソニー・ホンダにあたる企業が中国にあるでしょうか?ソニー・ホンダは設立後10年でアメリカ市場で成功しています。官僚指導しか考えられない国ではこれができないのです。つまり独創性と資本がセットにならねばならず、経済発展とは官僚指導の対極にあるのではないかと。原理としては石橋が正しいのでしょう。また現在の日本は両方喪失し始めています。

* * - REVの物置::Group::Grev を含むブックマーク はてなブックマーク - * - REVの物置::Group::Grev * - REVの物置::Group::Grev のブックマークコメント


そのセンスがあれば、郵貯民営化はアメリカの禿鷹に貢ぐものだ、という意見のバカらしさを即座に笑うでしょう。例えアメリカの禿鷹が郵貯を買収することがあっても、それは等価資産の交換であり、郵貯という資産が別な何かの資産に置き換わるだけのことです。それは必ずその瞬間においては「等価」であって、客観的に等価でなければ商法上の背任とか詐欺とかの刑事犯罪になるのです。民営化とは何の関係もありません。 --http://aishhoren.blog24.fc2.com/blog-date-200511.html

やはりこれからの人は、それなりの苦労が要るでしょう。年金は天から降ってくるものでありません。それも「複式簿記」思考ですぐ理解できます。誰が負担するのか、ということをメインテーマにせぬ限り、実を結ぶ議論はできないのです。勿論、日本国民はよく分かっています。いくら甘いことを言っても天から降ってはこない。だから共産党も社民党も伸びないのです。 --http://aishhoren.blog24.fc2.com/blog-date-200511.html




文字化けしているときは、トップから適当なキーワードを探してみてください。